新生児用のオムツ!人気の商品5選




スポンサーリンク




初めてのオムツ選び。

1日何回、オムツのテレビコマーシャルを目にするでしょうか?
メーカーもたくさんあって、何を基準に選べばいいか迷ってしまいますね。

性能とコスパ、赤ちゃんの体型に合う合わないなど選ぶポイントも様々だと思います。

「人気のオムツ5つ」の特徴をまとめてみました。
参考にして下さいね。

人気の新生児用オムツ5選

Panpers(パンパース)

多くの産院で使われているオムツです。
オムツの伸びがいい、とてもフィットし、オムツ擦れ、漏れが少ない構造です。
吸収率はナンバーワンです!
新生児用は他のメーカーに比べると、小さい作りになっています。

Merries(メリーズ)

通気性ナンバーワンオムツです!
他のオムツではかぶれていた赤ちゃんが、Merriesに変えると症状が改善されたという報告もあるくらいです。
吸収率も良く、ウンチ漏れの少ないオムツです。
お値段はちょっと高め(>_<)

moony(ムーニー)

とても履かせやすいオムツです。
体にフィットしやすい構造で、よく動く赤ちゃんや、細めの赤ちゃんでもズレが少なく隙間ができにくいという特徴があります。
後ろ漏れにも強いです!

Goon(グーン)

コストパフォーマンスの高いオムツです。
オムツの内側が肌に優しい構造になっていて、敏感肌の赤ちゃんに安心です。
おしっこの吸収体に消臭機能があります。

Genki!(ゲンキ)

子どもに人気のアンパンマン柄!
他のメーカー比べ、幅広構造のため吸収が良いです。
コンパクトなので「収納スペースを取らない」「持ち運びが楽」という声があります。

スポンサーリンク

選ぶ時のポイント

赤ちゃんの肌はとってもデリケートなのに、おしっこの回数は多く、ウンチはゆるゆるです。

そういう理由から、新生児の間多くのママは、オムツかぶれしにくいオムツを選ぶ事を心掛けているようです。

赤ちゃんが痛い思いをするのは、かわいそうですよね。

その後はコストパフォーマンスを考慮したり、フィット感、漏れにくい、動きやすいなどオムツ選びのポイントも変わってくるようです。

最近のオムツ事情

ほとんどの家庭で紙オムツを使用していて、布オムツは少数派です。
昼間は布オムツ、夜や外出の時は紙オムツと使い分けをしているママもいるので、紙オムツを全く使用しないママはごくわずかなのではないでしょうか?

新生児の時はこまめに取り換えていたオムツも、月齢が進むにつれ、おしっこをした後も数時間取り替えないという話を耳にします。
漏れなくても、オムツの中は不衛生なので、「汚れたら取り替える」はオムツ卒業まで心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

一つ一つメーカーの特徴を挙げると、なんとなく「このメーカーが良さそうかな~」と使いたいオムツが絞られてきませんか?

近くのお店やネットでリサーチする時の、見る点も違ってくると思います。

成長して「このオムツが気持ちいい」「この絵のオムツがいい」と自分の好みを言うお子さんもいるようですよ。
楽しみですね(^_^)

The following two tabs change content below.
はぐこみ
★年齢:30代  ★住まい:大阪  ★職業:看護師  ★子供:2人  ★★★ 夫とブログを一緒にしています。 子育てしながら、ICUや病棟で働いており、日々勉強(^.^) ブログで勉強のメモ代わりに・・・(笑)



ABOUTこの記事をかいた人

はぐこみ

★年齢:30代  ★住まい:大阪  ★職業:看護師  ★子供:2人  ★★★ 夫とブログを一緒にしています。 子育てしながら、ICUや病棟で働いており、日々勉強(^.^) ブログで勉強のメモ代わりに・・・(笑)