1歳児の発達の仕方と適した遊び方って?室内遊びと外遊び

child-1332735_640

1歳児は身体的にも精神的にも赤ちゃんの頃と比べて大きく変化しています。
遊び一つとっても、赤ちゃんの頃と比べて運動量も多く、パパやママは目を離せなくてとっても大変!

そんな中でも、1歳児に適した遊びをしてあげたいのが親と言うものですよね。

発達に合った遊び方とはどんなものがあるのでしょうか??

1歳児の発達の仕方と併せてまとめてみたので参考にしてみてくださいね♪

1歳児の発達の仕方

1歳児は身長が生まれた時の約1.5倍、体重が約3倍にも成長します。
1歳児の平均的な身長と体重は、

  • 男の子…身長70cm~80cm/体重7.7kg~11kg
  • 女の子…身長68cm~77cm/体重7.2kg~10.5kg

およそ50cm、3kg程度だった赤ちゃんが、たった1年でこんなに大きくなるなんてビックリですよね!!

身長と体重だけでなく、1歳児は赤ちゃんの頃に比べて色々な面で大きく成長しています。

運動機能の面では、歩けるようになることが大きな成長ですね!
早い子で10ヶ月頃から、遅い子でも1歳半頃までにはほとんどの子が一人で歩けるようになります。

一人で歩けるようになると好奇心が旺盛な子供の行動範囲はグンと広くなり、1日の運動量も赤ちゃんの頃に比べると格段に増えてきますね!

1歳半頃になると、歩行以外にもボールを蹴ったり投げたり出来るようにもなります。

また、クレヨンやペンなどを持たせると殴り書きが出来るようになるのも1歳頃です。
手先の細かい作業も徐々に出来るようになり、1歳半にもなれば殴り書きだったのがグルグルと曲線を描けるまでに発達します!

積み木を上手に積めるようになるのも1歳~1歳半くらいなんですよ♪

子どもの発達は運動機能に限らず、心や言葉もどんどん発達していきます!!

大人の真似事をしたり、道具を使うなど知恵がついてくるのが1歳児の特徴です。
ままごとなどの見立て遊びは、大人の真似事の延長なんですね!

喃語(なんご)や「パパ」「ママ」「わんわん」などと言った簡単な言葉を話し始めるのも1歳頃からです。
すぐには色んな言葉を理解して話すことは出来ないですが、徐々に話せる単語や、パパやママの言っていることが理解できるようになってきます!

また、赤ちゃんの頃には見られなかった「すねる」「照れる」などと言った感情表現もできるようになってきます。
これがだんだんと自我の目覚めに繋がって、2歳頃からの「イヤイヤ期」にも繋がっていくんでしょうね!

生まれたばかりの頃は寝ているか泣いているかだった赤ちゃんが、たった1年で一人で歩けるようになり、言葉を理解して単語を発するようになるなんて、当たり前のようだけど、とっても凄いことですよね!!

1歳児はどんどん出来ることが増え、赤ちゃんから幼児へと成長していく大切な過程です。
そんな大切な過程を、遊びを通してより良いものにしてあげたいですよね!!

そこで!!
次からはそんな1歳児の発達に適した室内遊びと外遊びをご紹介します♪

どんな遊びをしたらいいか分からない…と悩んでいるパパやママはぜひ、参考にしてみてくださいね!!

1歳児の発達に適した室内遊び

お家の中での遊びは、外遊びと違って出来ることが限られてしまいますよね。
公園のように走り回ることもできないし、おもちゃにも限りがあります。

でも、子どもは遊びの天才です!!
子どもが楽しい!!と感じることはどんなことでも「遊び」になるので、どんどんと「楽しい!!」を体験させてあげてくださいね♪

☑積み木
初めはうまく積めなくても、少しずつ積めるようになってきます。
我が家の上の子も1歳の時に積み木をプレゼントしてあげましたが、最初のうちは全然積むことが出来ず、ただ私が積んだものを壊していくだけでした(笑)

それが1週間、2週間と時間が経つうちに、いつの間にか積み木を「積む」と言うことを覚えて、2つしか積めなかったのが5つになり、10個になり…自分の背丈と同じくらいまで積めるようになっていたのには驚きました!

積んだ後は自分が怪獣にでもなったつもりなのか、盛大に崩してキャッキャッしていましたよ!(笑)

☑お絵かき
カラフルなクレヨンは子供の五感にもいい刺激を与えてくれます!
大きな紙に自由に描かせてあげるのもいいですね♪

絵が得意なママやパパは、子どものリクエストに応えていろんな絵を描いてあげるのも楽しい遊びになりますよ!!

☑人形遊び
人形遊びと言うと女の子の遊びかな?と思うかもしれませんが、結構男の子でもお人形遊びはするんですよ!

パパやママが子供にしてあげていることとかをよく見ているらしく、真似をしてお人形にやってあげている姿はとっても微笑ましいです(*^^*)

我が家でも、「よく見ているなぁ」なんて苦笑してしまうこともたくさんありました!!

☑お手伝い
1歳児に出来るお手伝いってなに!?と硬く考えてしまうのはNG!
ちょっと物を運んでもらうだけでも立派なお手伝いです♪

「タオルを持ってきて」とか「お人形を片づけてくれる?」など、子どもが出来そうなお願いをして、きちんと出来たら大袈裟なくらい褒めてあげる。
そうすることで子供に自信をつけさせてあげると、さらに次のステップへと進む意欲にも繋がりますよ!

1歳児の発達に適した外遊び

外は子供にとってとっても魅力的な世界!
行動範囲が広がると大人が予想もしなかった行動をとるので、安全には最新の注意を払ってあげてくださいね!!

☑お散歩
ただ外を歩くだけでも十分な刺激になります!

落葉を踏んだり小石を拾ったり、アリの観察なんかも子供は大好きです。
大人が5分で歩ける距離を30分もかけて歩けるのが子供!!

時間のある時にはゆっくり子供の好奇心に付き合ってあげてくださいね♪

☑公園遊び
お家にはない遊戯がいっぱいの公園は子供の人気スポットです!!
滑り台やジャングルジムなど、大人が見ているとハラハラしてしまいますが、意外にも子供は周りのお友達を見て学んでいることも多いようです。

必要以上に子供のあとについて回るのではなく、少し離れたところから子供の好きなように遊ばせてあげてくださいね♪

ただし危険がないように、すぐに助けに行ける距離で見守るようにしましょう。
必要ならば先回りして危険を排除しておくのも手ですよ!

☑水遊び
夏になるとビニールプールで水遊びをさせてもいいですね!
ジョウロで頭から水をかけてあげるだけでも子供は大喜びですよ!!

暑い夏は外遊びを躊躇してしまいますが、水遊びなら涼しいし楽しいし一石二鳥です。

ただし熱中症には要注意です!!

まとめ

いかがでしたか?
上記に挙げた以外でも、室内や外での遊びは子供次第で無限大です!!

遊ぶ!と決めたらちょっとくらいのことは多めに見てあげて、この時期にしか出来ないことをたくさん体験させてあげてくださいね♪

この記事を書いたライター

市井ライター/編集者
5歳児と2歳児の育児に奮闘中。
毎日が戦争です(笑)
1日の終わりに子供たちの寝顔を見るのが最高の癒やし。
自分の育児経験も交えて役に立つ記事を書いていけたらなと思ってます!
child-1332735_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です