ヘルパンギーナに妊婦が感染したらどうなる?胎児への影響は?

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

ヘルパンギーナは子どもが感染しやすい病気ですが、大人だって感染する可能性はあるので油断は大敵です!!

特に!投薬治療が難しい妊娠中は胎児への影響も気になってしまいますよね。

そこで今回は、妊娠中にヘルパンギーナに感染した場合どうなるのかを調べてみました!!

妊婦が感染したらどうなる?

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

大人と言えども、免疫がなければヘルパンギーナに感染します。
もちろん妊婦さんも例外ではありません。

というか、ホルモンバランスが崩れて抵抗力が下がりがちな妊婦さんは特に注意が必要です!!

妊婦さんの中でも特にヘルパンギーナに注意する必要があるのが上に小さい子どもがいる家庭の妊婦さんです。

小さい子どもが感染しやすいヘルパンギーナですから、保育園や幼稚園に通っていてウイルスをもらって来やすい子どもがいる家庭は感染に注意しましょう!

もし妊娠中にヘルパンギーナに感染した場合、その症状はどうなるのかと言うと…。

ほとんどの人の場合軽い症状で治ることが多いんだそうです。

妊娠中だからと言って何か症状が変わるということはなのでそこは安心してくださいね♪

ただし、のどの痛みや高熱が続いてシンドイ・ツライと感じる時には迷わずかかりつけの産院を受診することをおすすめします。

妊娠中でも使用できる痛み止めや栄養補給のブドウ糖を点滴してもらえることもあるんだそうですよ!!

しんどいなぁ、辛いなぁと思ったら迷わずかかりつけの産院へ!!
これは必ず守ってくださいね!

胎児への影響は?

aea389ba39f91fed70c59963a9894db7_s

妊娠中にヘルパンギーナに感染してしまった時に一番心配なのは胎児への影響ですよね。

安心してください!!

妊娠初期から後期の間であれば、ヘルパンギーナに感染してもほぼ100%胎児への影響はないんだそうです。

授乳中も然りですよ♪

ただ、臨月期にヘルパンギーナに感染すると、新生児がエンテロウイルスに感染する危険性があるそうです。

この場合、ほとんどは軽い症状で済むのですが、稀に肝臓や心臓など臓器に感染してしまい、最悪死に至る…なんてこともあるそうです。

特に産後2週間の間に感染した場合は重症化しやすいというデータが出ているので、臨月期にはヘルパンギーナに感染しないような対策が必要です。

とは言っても、そう怖がる必要もないと思います!!

あまり気にしすぎるのも母子ともに良くないと思うので!!

ヘルパンギーナは夏に流行しやすい病気ですので、臨月期がその時期で上の子がヘルパンギーナに感染してしまった!なんて時には両親なり身内に上の子の面倒を見てもらうなどして極力感染している子との接触をさけるなど予防しましょう!!

妊娠中でもできる治療法

3881039fa0ce94a40b575f99647f2c1f_s

妊娠中に病気に感染した時に何が辛いって、通常の治療が受けられないということですよね。

しかし、ヘルパンギーナには効果的な特効薬と言うものがなく、対症療法が基本になってくるのでその点不安にならなくてもいいと思います。

ヘルパンギーナの主な治療法についてはこちらの記事をチェック!

ヘルパンギーナにワクチン(予防接種)はある?主な治療法は?

2016.06.22

しかし!妊娠中は制限がつきものな上にヘルパンギーナに感染してしまったとなると早いとこ治してしまいたいと思うのが普通ですよね。

痛みとか我慢できませんし…。

そんな時には体の免疫力をUPさせる治療法を取り入れてみましょう!!

一番手っ取り早いのは食事ですね♪

栄養価の高いお豆腐や柔らかく煮た野菜などで栄養を取って、一日も早く回復できるようにしましょう♪

この記事を書いたライター

市井ライター/編集者
5歳児と2歳児の育児に奮闘中。
毎日が戦争です(笑)
1日の終わりに子供たちの寝顔を見るのが最高の癒やし。
自分の育児経験も交えて役に立つ記事を書いていけたらなと思ってます!
dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です