トイレトレーニングはいつから?やり方はどうすればいい?

子どもの成長って早いもので、つい最近までハイハイをしていたかと思うと、あっという間に立って歩きだしたりするんですよね!

そんな子ども達の成長の中で、気になるのはおむつをいつ外すか!

今はトイレトレーニングと呼ばれていますが、いったいいつからどのように進めていけばいいんでしょうか?

トイレトレーニングはいつから始めるのが良いの?

画像:首をかしげている子ども

最近はトイレトレーニングにも寛容となってきていて、結構大きくなってもおむつをしている子って多いんですよね。

もちろんそれが悪いことではありません。

人それぞれペースもありますから♪

ですが、気になるのは、みんないつ頃からトイレトレーニングを始めているのかということ。

実は、早い子だと1歳6か月ごろからもうトイレトレーニングを始めているというんです!

これはとても早いように思えますが、1歳6ヶ月頃というのは、親の簡単な質問を理解して、返事をできる子が多い月齢でもあるんです。

相槌でも「うん」や「やだ」などの簡単な動作や言葉ででも、自分の意思を表示できるようになったらトイレトレーニングを始められるようになった証拠♪

ただし、平均的には2歳~2歳6ヶ月にトイレトレーニングを始める方が多いようですよ!

季節は夏に始める方が多いんです(#^.^#)

夏ならたくさん失敗してしまっても洗濯ものが乾くのも早いですし、暑いから薄着でもへっちゃらですからね!

トイレトレーニングのやり方は?

AA013106

AA013106

それでは具体的にどのようにトイレトレーニングを進めていくのが良いのでしょうか。

そもそも今までおむつの中にしていたことをトイレでやるという風に子どもは理解できていないので、最初に大切なのはこちら。

おしっこ・うんちを認識させること。

まずは排泄の感覚というものを覚えさせることが大切です。

その時に声を掛けて、それがおしっこやうんちであったことを覚えさせるんです。

トイレについての絵本やアニメーションを見させて、トイレ=用を足す場所という認識を持たせるのもおすすめですよ!

排泄とトイレについて理解ができたら、次は、おむつではなくトレーニングパンツを履かせてみましょう。

最近のおむつはとても優秀で、おしっこをしたとしてもすぐにさらさらになるので、子どもは「気持ち悪い」と感じることがあまりありません。

トレーニングパンツを履かせると、おしっこをした時にじわっと広がっていく感じがして気持ち悪さを覚えられます。

気持ち悪い感覚が嫌で、トイレに行きたがる子も多いようです!

この時も好きなキャラクターのトレーニングパンツを用意できると、嬉しくて成功する子もいるようですよ!

トレーニングパンツでもうまくいかないという子は結構多いんです。

その場合は普通のパンツを履かせてみてください。

トレーニングパンツでもへっちゃらという子には、普通のパンツを履かせるのも手です。

普通のパンツだと、床までびっしゃりしてしまうので、掃除をするという手間は増えますが、足を伝う気持ち悪さは計り知れないもの。

トレーニングパンツはダメだったけど、普通のパンツを履かせたらトイレトレーニングが成功した!という人も多いんですよ!

そして奥の手は、いっそのこと何も履かせない!!

中にはパンツも履かせず、下はすっぽんぽんにする!という方も多いんですよ。

すっぽんぽんでそのままおしっこやうんちをすることに抵抗がある…という子どもは意外と多いもの。

失敗した時はその分リスクも高いので、事前に準備できることはしておきましょう!

まとめ

手をつなぐ親子

誰もが通る道で、親にとっては大変なことでもあるトイレトレーニング。

なんとなく始めるのが嫌だなぁと感じている方も多いのではないでしょうか。

ですが、案外始めると慣れてくるものです。

折角のトイレトレーニングですから、いっそ開き直って子どもと一緒にパンツ選びを楽しんでみては?

この記事を書いたライター

ちぃライター/管理者
現在、2歳と1歳の息子の育児に奮闘しています。
これから新米ママとなられる方たちにちょっとした先輩ママとして記事を通し様々な情報をお届けできたらなと思っています♪

私の記事がお役に立ちましたらSNSでシェアして頂けますと嬉しいです。
それと、コメントもお待ちしておりまーす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です