新生児がミルクを飲むとき苦しそう!どうしたらいい?

ママが初めに心配になることと言えば、この問題ではないでしょうか。

結構な割合で新生児の赤ちゃんはミルクを飲むときに苦しそうにします。

これはどういうことなのでしょうか?

原因と対策をみていきましょう。

スポンサードリンク

苦しそうなときに考えられる原因

原因は赤ちゃんにより異なり、多々考えられます。

代表的なものを3点あげると、

1.母乳・ミルクの勢いが良すぎる

2.飲み方が下手

3.鼻呼吸ができていない

が、圧倒的に多いです。

ここで、なるほどと思うママも多いのではないでしょうか。

もしかすると、3つとも当てはまると思うママもいるかもですね。

でも、大丈夫ですよ。ひとつずつ、対処法をみていきましょう。

苦しそうなときの対処法

1.母乳・ミルクの勢いが良すぎる場合

赤ちゃんは一口飲む量より、入ってくる量の方が多いとむせてしまいます。

飲んでも勢いよく次から次に入ってくると、苦しくなりますよね。

このような場合は、母乳やミルクの出る勢いを弱めてあげましょう。

母乳の場合は、飲ませる前に軽く絞っておくと、勢いが軽減されます。

ミルクの場合は哺乳瓶の乳首の穴の大きさが、その子には大きすぎるということが考えられます。

赤ちゃんに合った穴の大きさに調節してあげるといいですよ。

2.飲み方が下手な場合

苦しくなる根本的な原因は、飲み方の問題が多いかもしれませんね。

赤ちゃんは飲むのが素人ですし、新生児のうちはママも飲ませるのが素人です。

どちらも、初心者なので、練習と経験を重ねるのが改善方法なので、根気よく頑張りましょう。

でも、力が入っていては上手くなるものも、上手くなりません。

リラックスして、少し間隔を空けながらあげるのもいい方法ですよ。

赤ちゃんは夢中で飲むことが多いので、呼吸をしないで飲んでいることもあります。

ゆっくりゆっくり、落ち着いて与えてあげましょうね。

3.鼻呼吸ができていない場合

鼻が詰まって呼吸ができず、苦しんでいる場合があります。

飲む前に鼻の付け根を温めて通りを良くしてからあげると改善されますよ。

手のひらで温めてあげたりするといいでしょう。

そして、少し頭の方が高くなるような位置で抱っこしてあげると、赤ちゃんもママも楽ですよ。

鼻詰まりの予防法

赤ちゃんは鼻毛がないので、鼻の奥にとてもホコリがたまりやすくなっています。

なので、ホコリをたまりにくくするために、しっかり換気をしてあげましょう。

床に近い位置に寝かすよりかは、ベッドや布団でも少し位置を高くしてあげるのもホコリ防止になりますよ。

そして、お風呂後には綿棒でこまめに鼻クソをとってあげましょう。

奥までしっかりすると、逆に粘膜を痛めてしまうので、
鼻の穴の入り口を綺麗にする感じで行うだけで大丈夫です。

赤ちゃん用の細い綿棒が売っていますので、活用してみてくださいね。

詰まってしまった場合は、赤ちゃん用の鼻吸い器で吸ってあげてください。

スポイトタイプのものより、ママの口の力で吸うタイプの方が良くとれるのでオススメです。

苦しがる赤ちゃんを見るのはほんとに辛いですよね。

少しずつでも改善されて、ママも赤ちゃんも笑顔でミルクが飲めるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です