新生児とダブルベッドで添い寝することはできる?方法は?

couple

パパとママがダブルベットで寝ていれば、わざわざベビーベットを買わなくても一緒に寝られないかな?
ダブルベットの隣にベビーベットを置くスペースがない!
赤ちゃんだけ別室で布団も嫌・・・

と考えてしまいますよね。
こんなに大きいんだから、小さい赤ちゃん一人くらい増えても大して変わらないのでは?

そういう考えがあって当然だと思います。

でも、ダブルベッドで添い寝は危険という情報があるのも現実。
何が危険で、どうすれば危険が減らせるのでしょうか?

スポンサードリンク

ダブルベッドで添い寝して平気?

布団に比べ、ベッドは寝返りを打った時の振動が大きく全体に伝わります。
そういう点から、ベッドは布団より添い寝に適さないと言われています。

また、ベッドには転落の危険があります。
ダブルベッドは大きいし、まだ寝返りをしないからといって安心はできません。
突然寝返りができるようになる事はあります。

更に、マットレスが柔らかいと赤ちゃんが沈み込み、窒息の危険が高くなります。
これは、ベッドも布団も同じです。

以上のような危険があるので注意は必要ですが、危険を減らして添い寝する方法を探っていきましょう。

ダブルベッドで添い寝する方法

ダブルベッドで添い寝する場合、ベッドを壁側にくっつけ、壁側に赤ちゃん、隣にママ、その隣にパパが寝るようにするといいでしょう。
夜中ぐずった時でも、すぐに授乳できたり、あやしたりできるので便利です。

ダブルベッドでの添い寝の注意点

悲しい事故を起こさない為にも、安全には十分注意する必要があります。
次のような事を参考に、環境を整えるようにして下さいね。

マットレス

柔らかいマットレスは窒息の危険があります。
硬い物に変えるか、赤ちゃんが寝るところだけでも硬い敷布団やマットレスを敷くようにしましょう。(段差にも気を付けて下さい)
赤ちゃんの体が沈み込まない硬さの物を選んで下さい。

掛け布団

突然死の要因の一つに赤ちゃんの体温の上がりすぎがあると言われています。
掛け布団はなるべく別々の物を使用するようにし、赤ちゃんに合った体温調節が出来るようにしましょう。

転落防止

ベッドの片側を壁にくっつけ、壁側に赤ちゃん、隣にママが寝るようにしましょう。
空いている方に転落防止の柵を取り付けると、転落の危険は少なくなります。
また、壁とベッドに隙間が空かないように、十分気を付けて下さいね。

まとめ

様々な住宅環境があるので、どうしてもダブルベッドでないと寝られないとい
うご家庭もあるでしょう。

赤ちゃんとの添い寝は、親子のスキンシップ、情緒の安定など素晴らしいメリッ
トがたくさんあると思います。
できる期間も限られています。

添い寝で育てたいと思われるママには、是非試してほしいと思います。

でも、
ダブルベッドでも布団でも
「安全に気を付けていなければ事故は起こる」
という事を忘れないようにして下さい。

緊張感は持ちながら、添い寝の幸せを実感してもらえればと思います。

この記事を書いたライター

ちゃーちゃんライター/47歳
16歳と13歳の息子の母です。
すっかり私の背を越し、脂とひげの臭いを発する息子達の、食事作りと部活のサポートに追われる日々です。
記事を書かせて頂く事で、可愛く、いい匂いだった幼い頃にタイムスリップでき、感謝しています。
私と息子達との経験が、どれだけお役に立てるか分かりませんが、精一杯発信していきたいと思います。
よろしくお願い致します
couple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

16歳と13歳の息子の母です。 すっかり私の背を越し、脂とひげの臭いを発する息子達の、食事作りと部活のサポートに追われる日々です。 記事を書かせて頂く事で、可愛く、いい匂いだった幼い頃にタイムスリップでき、感謝しています。 私と息子達との経験が、どれだけお役に立てるか分かりませんが、精一杯発信していきたいと思います。 よろしくお願い致します